アヤ・ティリは、娘のティリを欲情的な快楽に浸す。